あらゆる産業廃棄物・一般廃棄物、不用品回収・粗大ごみの収集運搬、処理に関することは近畿エコロサービスにおまかせください。
対応エリア:大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重・岡山・香川・徳島

大阪の不用品回収・粗大ごみ・産業廃棄物処理なら近畿エコロサービス株式会社

大阪の不用品回収・粗大ごみ・産業廃棄物処理なら近畿エコロサービス株式会社

お気軽にご相談ください。06-6745-3448営業時間-9:00~18:00

コラムCOLUMN

                 
2021.03.23
廃棄物の持ち込み

コンクリートガラの正しい処分方法とお得な持ち込み処分をご紹介

産業廃棄物の中に「コンクリートガラ」というものがあります。主に建築や解体の時にでる産業廃棄物で、適正に処分されなければ環境汚染等にもつながるものです。
このコンクリートガラは、どのような処分が正しいのでしょうか?ここでは、コンクリートガラについての詳しい情報や正しい処分方法、また近畿エコロサービスがお勧めしている、お得な「持ち込み処分」についてご紹介いたします。

「コンクリートガラ」とは?

建物を建て替える時、古い建造物は壊されます。その際、コンクリートの「山」ができているのを見たことはないでしょうか。この山を「コンクリートガラ」と呼んでいます。
コンクリートガラは産業廃棄物の一種と見なされ、建物の解体だけではなく、新築や改築に伴って生じたものも含まれます。種別としては「がれき類」です。
似たようなものとして「コンクリートくず」がありますが、この2つはその発生方法から区別方法まで明確に分けられています。その違いを、次項で解説いたします。

「コンクリートガラ」と「コンクリートくず」の違い

簡単にいうと、「建設工事や解体工事で発生したもの」がコンクリートガラ、それ以外で発生したものを「コンクリートくず」と呼びます。
例えば、製品の製造過程等で生じたコンクリートブロックのくずは「コンクリートくず」に分類されます。
これを間違えてしまうと、収集やマニフェストの交付、収集後のリサイクルにも大きな影響を及ぼします。違反行為となってしまう可能性もあるので、しっかりと覚えておく必要があるといえるでしょう。

コンクリートガラの正しい処分方法は?

ここまで、コンクリートガラがどんなものなのかについてご説明いたしました。ここからは、コンクリートガラの正しい処分方法についてご説明いたします。
コンクリートガラは、近年のリサイクル技術の進歩によって、適正な処分をすれば以下のようなリサイクル品として生まれ変わります。

1.「再生砕石」としてリサイクルする

コンクリートガラは、そのほとんどが中間処理業者によって「再生砕石(さいせき)」としてリサイクルされます。再生砕石は強度としては弱い部類に入るため、主に「路盤材」の材料に使われ、道路や駐車場の敷地に利用されています。

2.「再生骨材」としてリサイクルする

再生骨材は、コンクリートやアスファルト混合物を作る際に用いられる砂利や砂のことを指します。コンクリートガラはこの再生骨材としてリサイクルされることもあります。
なぜコンクリートやアスファルト混合物に骨材を入れるのかというと、コンクリートの材料であるセメントが固まる際に起こる発熱や、固まった後に収縮してしまうのを抑制するためです。
骨材は、コンクリートの総量のうち60%~80%という高い数値で混ぜられます。再生砕石と並び、再生骨材も非常に使われることの多い材料として再び使われていくのです。

近年増える「コンクリートガラの不法投棄」について

ここ数年、コンクリートガラの不法投棄が増えています。産業廃棄物に当たるコンクリートガラは処分の費用が大きな負担になるため、不法投棄されやすいのが現状です。
大きなニュースとしては、以下のようなものがあります。
コンクリートがらを他人の土地に不法投棄 42歳男らを廃棄物処理法違反容疑で逮捕 千葉県警
コンクリートガラを計44回、約162トンを空き地に捨てたという事件です。
このような不法投棄は、廃棄物処理法違反と見なされ、重い罰則が科せられます。必ず産業廃棄物処分業許可業の資格を持った業者に依頼することが重要です。

近畿エコロサービスでは、コンクリートガラの「お持ち込み」をお勧めしています!

弊社は「産業廃棄物処分業許可」を取得し、安心かつ安全、適正な処分を行っております。特に、コンクリートガラ等の産業廃棄物は、弊社へ直接お持ち込みいただく「持ち込み処分」をお勧めしております。
そのメリットについて、詳しくご紹介いたします。

メリット1.コンクリートガラを現場に残しておく必要がありません

作業現場で山のように積み上がってしまうコンクリートガラを、運搬可能な範囲でお持ち込みいただくことにより、現場で保管しておく必要がなくなります。
特に作業スペースが少ない、現場そのものが狭い場合には、その都度お持ち込みいただくことで、スッキリとした現場での作業が可能となります。

メリット2.回収・運搬の費用を削減できます

最もご好評いただいているのが、この回収・運搬費用の削減です。お客様にコンクリートガラを直接弊社に搬入していただくことで、処分費以外の余計な費用が一切かかりません。
搬入いただいたコンクリートガラは弊社のトラックスケールで重量を、また弊社社員が立方メートル単位で計測しますので、非常に明朗でご納得いただける会計となります。
コンクリートガラをお持ち込みいただくことにより、さらにお安く、弊社でコンクリートガラの処分ができます。

メリット3.いつでもお持ち込みOKです

弊社リサイクルセンター営業中は、時間を気にせずいつでもお持ち込みいただけます。
また、大量・少量は問いません!コンクリートガラの量等もお気になさらず、いつでもお持ち込み下さい。※お持ち込みの際には、事前にご連絡・ご予約下さいますようお願いいたします。

コンクリートガラの処分はぜひ近畿エコロサービスにご依頼下さい!

弊社ではコンクリートガラを適正に処分し、ご紹介したような「再生砕石」や「再生骨材」に加工して再利用しております。また、廃棄物処理施設を運用しているため、収集運搬と処分の間で発生する中間コストが発生しないため、適正な低料金で処分が可能となっております。
弊社のリサイクルセンターは枚方市にあり、高速道路の出入り口付近に立地しております。
交通の便が良い場所にあり、大阪、京都、兵庫、奈良等近畿地方を始め、多くの地域の企業や業者様から廃棄物をお持ち込みいただいております。
もちろん、コンクリートガラ以外の産業廃棄物もしっかり処分させていただきます。
コンクリートガラを含めた産業廃棄物の持ち込み処分をご検討の際には、ぜひ近畿エコロサービスにご相談下さいませ。

関連記事
大阪で不用品を処分するなら不用品回収よりお得な持ち込みを!
木製パレット・プラスチックパレットのお得な処分方法を紹介