あらゆる産業廃棄物・一般廃棄物、不用品回収・粗大ごみの収集運搬、処理に関することは近畿エコロサービスにおまかせください。
対応エリア:大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重・岡山・香川・徳島

近畿エコロサービス株式会社

近畿エコロサービス株式会社

お気軽にご相談ください。06-6745-3448営業時間-9:00~18:00

コラムCOLUMN

2019.08.08
粗大ごみ・不用品回収

引っ越しに伴う不用品回収費用を安く抑える4つのコツ

引っ越しの際、細々とした不用品をはじめ、たくさんのゴミが出ることが多いですよね。
新居の間取りや雰囲気に合わない家具など、大型の不用品を処分したいという人もいるでしょう。
また、引っ越し時は断捨離のチャンスでもあるので、予想以上にゴミが出てしまうことも少なくありません。

そんなときに便利なのが、まとめて処分を依頼できる「不用品回収業者」です。
しかし、処分する不用品が多ければ多いほど、処分費用は高額になってしまいます。
そこで今回は、引っ越しに伴う不用品回収費用をできるだけ安く抑えるコツについてご紹介します。

①不用品回収業者を依頼する前に、リサイクル店への買取を検討する

リサイクル

「引っ越しごみ=処分」と考える前に、まずはリサイクル店への売却を検討しましょう。
自分にとってはもう使わないものであっても、まだ需要のあるものであればお金に換えることができます。
引っ越し時は時間がなく、急ぎで不用品を処分することが多いため、買い手がつくまでに時間と手間がかかるフリマアプリはあまりおすすめしません。

リサイクル店なら、繁忙期を避け、早めに連絡しておけば、不用品が多くても無料で出張査定・買取に対応可能なケースは多いです。
リサイクル店で買取ができれば、不用品の数が減り、臨時収入まで得られる可能性があります。
得たお金を不用品回収にかかる費用に補填することができるので、絶大な費用削減が見込めます。

②出せるものは、全て「一般ごみ」として出す

細々とした不用品は、自治体が収集している「一般ごみ」として出しましょう。
どんなに小さなゴミでも、「塵も積もれば山となる」という言葉がある通り、不用品回収費用がかさんでしまうことになりかねないのです。
ほとんどの自治体では、30cm以下のゴミについては「一般ごみ」として、30cmを超えるものについても品目によっては粗大ごみとして出すことができますよ。

③複数の不用品回収業者から見積もりを取る

見積書

不用品回収業者によって、かかる費用には差があります。
基本料金や運搬料が安くても、品目1つ1つの処分料が割高なところもあれば、基本料金がやや高めでも、品目ごとの処分料が割安なところもあるのです。
トータル費用を1つの業者に絞らず、複数の不用品回収業者から見積もりを取り、費用を比較しましょう。
また、比較にかかる時間を考慮して、できるだけ早い段階で見積もり依頼をしておくことも重要です。

追加料金なども確認し、「トータル費用」であることを確認する

オプション料金の有無も、業者によって異なります。
見積もり額だけで判断せず、オプションや追加料金が発生することはないかを確認しておきましょう。
最終的にかかるトータル費用を比較し、一番安価な業者に依頼することが大切です。

④プランやパック料金についてもチェックしておく

不用品回収業者によっては、費用が割安になるお得なパックプランを用意していることがあります。
内容や条件はさまざまですが、処分する品目が多いほど、お得になるプランやパックが多いです。
こういったお得なプランを知らずに契約すると、損してしまうこともありますので、事前に調べておきましょう。

大阪の「不用品回収」「粗大ごみの持ち込み」「廃棄物の持ち込み」のことなら近畿エコロサービスにお任せください!