あらゆる産業廃棄物・一般廃棄物、不用品回収・粗大ごみの収集運搬、処理に関することは近畿エコロサービスにおまかせください。
対応エリア:大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重・岡山・香川・徳島

近畿エコロサービス株式会社

近畿エコロサービス株式会社

お気軽にご相談ください。06-6745-3448営業時間-9:00~18:00

コラムCOLUMN

2019.06.20
各業界の廃棄物処理

一般ごみで捨ててはいけない!ごみの一般廃棄物・産業廃棄物の見分け方

企業からは、様々な種類のごみが出ます。
そのため、一口にごみと言っても、素材はもちろん、ごみが排出される過程にも違いがあります。
ごみに種類があるように、ごみの取り扱いにも「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の2つに分類されます。
取り扱いが異なれば、分類されるごみや捨て方にも違いがあります。
間違ったごみの出し方をしないためにも、それぞれの定義や見分け方を知っておきましょう。

一般廃棄物とは

一般廃棄物は、生活していることで発生するごみのことを言います。
また、一般廃棄物には「家庭系廃棄物」と「事業系廃棄物」の2種類に分類されています。
家庭系廃棄物は、一般家庭から排出されるごみを指し、事業系廃棄物は企業や店舗、事業所などから排出される
産業廃棄物以外のごみとされているのです。

産業廃棄物とは

産業廃棄物は、事業活動を行っているなかで発生するごみのことを言います。
産業廃棄物に該当するごみは、法律で20種類に定められており、「あらゆる事業活動にともなうもの」と
「特定の事業活動にともなうもの」の2つに分けられています。

「あらゆる事業活動にともなう」産業廃棄物とされるごみの一例
品目 主なごみ
燃えがら 石灰、灰、焼却炉に残った灰など
汚泥 下水道、浄化槽、建設、洗車場などの汚泥
廃油 植物性、洗浄油、潤滑油、タールピッチなど
廃酸 廃ソーダ液、アルカリ性廃液など
ゴムくず 天然ゴム、生ゴムなど
金属くず 鉄くず、研磨くず、鉄鋼など
廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくずなど
ガラスくず、コンクリート
くず及び陶磁器くず
ガラスくず、製造過程等で生じるコンクリートくず、陶磁器くず、石膏ボードなど
がれき類 工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリート、アスファルトの破片など
「特定の事業活動にともなう」産業廃棄物とされるごみの一例
品目 主なごみ
紙くず 建設業、製紙業、出版業、製本業などに伴うもの
木くず 建設業、製紙業、出版業、家具製造に伴うもの、おがくずなど
繊維くず 建設業、繊維製品製造などに伴うの
動物の糞尿 ニワトリ、馬、羊など家畜の死体

一般廃棄物と産業廃棄物に間違いやすいごみ

・紙くず紙くずは、産業廃棄物に該当します。
しかし、これは建設業や製紙などから排出される場合です。
それ以外の企業から排出されるチリ紙や、不要になった書類、シュレッターの紙ごみなどは、
全て一般廃棄物扱いとなります。
ちなみに、大阪市に限っては、リサイクル可能な紙ごみは、一般廃棄物として処理できません。

・飲食店の廃油家庭で不要になった食用の揚げ油は、古布や新聞紙に染み込ませたり、凝固剤で固めたりして、
一般ごみとして出していますよね。
一般家庭の場合は、「家庭系一般廃棄物」として出すことが可能なのです。
しかし、飲食店から出る食用油(廃油)は、一般廃棄物として出すことができません。
天ぷらなどの揚げ物を作るという目的は同じでも、事業目的で発生したごみに該当するため、
飲食店の廃油は産業廃棄物扱いとなります。

・一般廃棄物と産業廃棄物を間違うと、どうなる?一般廃棄物と産業廃棄物についてしっかり把握せず、間違って処分してしまうと、罰せられるケースがあります。
特に、産業廃棄物を一般廃棄物として出してしまうのは、罪が重いです。
また、これらのごみの出し方や定義は、自治体によって条例に違いがあることもあります。
間違った出し方をしないように、定義や基礎知識について身に付けておくことが大切です。

大阪の「不用品回収」「粗大ごみの持ち込み」「廃棄物の持ち込み」のことなら近畿エコロサービスにお任せください!